日本学術会議が「働く人の健康で安寧な生活を確保するために」を提言

2011年12月9日に開かれた 働くもののいのちと健康を守る全国センター の第14回総会で、日本学術会議 が発表した 提言「労働・雇用と安全衛生に関わるシステムの再構築を -働く人の健康で安寧な生活を確保するために-」 についての記念講演が行われました。

講演を行ったのは、この提案をまとめた日本学術会議 の中のひとつの委員会「労働雇用環境と働く人の生活・健康・安全委員会」の委員長で、北海道大学環境健康科学研究教育センター 長の岸玲子特任教授。

今日の「労働・雇用と安全衛生」にかかわってまとめあげ、問題点をあきらかにしており、貴重な話をうかがいました。
また、今後の方向性についての提言とともに、討論も行うことができました。

e0111741_1633291.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2011-12-18 16:31 | ご報告  

<< 障がい者である小池さんの死は過労死 いのちと健康を守る運動をおおい... >>