全日本民医連歯科部では「歯科酷書」第二弾を発表

全日本民主医療機関連合会(略称:民医連)の歯科部は、第二弾となる「歯科酷書」を発表。
テーマは「口から見える格差と貧困」。
無料低額診療事業(無低診)を利用し、治療につなげた事例を収載した、28事例の経緯や背景をまとめています。
e0111741_12303293.png

[PR]

by inoken-kochi | 2012-09-16 12:33 | ご報告  

<< 働くもののいのちと健康を守る高... 印刷工場における胆管がんの多発... >>