管理職はみんな管理監督者?

「管理職だから残業手当は必要ない」…よく言われることですが。

東京労働局は、この問題で「会社内で管理職としての地位にある社員でも、労働基準法上の「管理監督者」に当てはまらないことがあります。『管理監督者』については、肩書きや職位ではなく、その社員の立場や権限を踏まえて実態から判断する必要があります。広くとらえられがちな『管理監督者』の範囲をわかりやすく解説します」と、東京労働局はリーフレットを作成していましたのでご紹介します。

同時に、「管理職であれば、何時間働いても構わないとの誤解もありますが、『管理監督者』であっ ても健康を害するような長時間労働をさせてはなりません」、とも記載をしています。


e0111741_732894.jpg

 
[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-19 08:49 | お知らせ  

<< 「働き方変わる契機に」電通社員... いの健全国センターが、全国セン... >>