電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意

「電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意」について、2017年1月20日にお母さんの高橋幸美さんが記者会見。

「頑張りすぎないでどこかにSOSを出して欲しいし、逃げて欲しいと思います。どこか戻るところがあれば戻って欲しい」
「働いて苦しんでいる人には、周りが手を差し伸べて欲しいし、自分からも逃げて欲しい。病院に行く、お休みする。本当にお休みして欲しいと思います。」

合意に盛り込まれた18の再発防止策のうち、「実労働時間と異なる時間が就業時間として記録されないように」「(会社側が労働時間を少なく見せるために利用していた)私事による在館を原則認めないように」「ゲート通過時刻と残業申告時間との差がある場合には調査をする」「新卒社員には過剰な残業をさせない」などについては、幸美さん側から積極的に要望したと明かした。
また、再発防止策の実施状況について、電通は毎年12月1日、幸美さんに報告することも盛り込まれた。


e0111741_16383889.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2017-01-21 16:49 | お知らせ  

<< 「過労死等防止対策推進シンポジ... 「暮らし何でも相談会」のご案内 >>