過労死等の労災請求件数が過去最高に。

厚生労働省は6月30日、2016年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました

これをもとにした資料が「editor」(月刊誌『KOKKO』編集者・井上伸のブログ)で紹介されていました。

e0111741_07363663.jpg
過労死等の労災請求件数は2016年度に2,411件と昨年度より101件増えて過去最多の件数となっています。
いまの安倍政権は2012年12月末発足なので、2012年度を起点とすると、安倍政権になって毎年増え続け、直近の2016年度2,411件は2012年度2,099件と比べ312件(14%)も増えています。
1年間で2,411件ということは365日で割ると6.6件です。
いま日本では1日に6人以上が過労等により脳・心臓疾患、精神障害の労災となっているわけです。(「editor」より)


e0111741_07370208.jpg

過労死・過労自殺(死亡件数)の推移を見ると直近の2016年度で459人。
365日で割ると1.25となりますから、2016年度も日本では毎日1人以上が過労死・過労自殺で命を奪われているのです。(「editor」より)


[PR]

by inoken-kochi | 2017-07-26 19:01 | 資料集  

<< 「過労死等防止対策推進シンポジ... 「過労死110番」を実施しました。 >>