「過労死等防止対策推進シンポジウム」のご案内

毎年11月は「過労死等防止啓発月間」、

厚生労働酒が主催する「過労死等防止対策推進シンポジウム」高知会場について、開催のお知らせが届きました。

e0111741_13325956.jpg
e0111741_13324120.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-11-02 16:23 | お知らせ  

過労死等の労災請求件数が過去最高に。

厚生労働省は6月30日、2016年度「過労死等の労災補償状況」を発表しました

これをもとにした資料が「editor」(月刊誌『KOKKO』編集者・井上伸のブログ)で紹介されていました。

e0111741_07363663.jpg
過労死等の労災請求件数は2016年度に2,411件と昨年度より101件増えて過去最多の件数となっています。
いまの安倍政権は2012年12月末発足なので、2012年度を起点とすると、安倍政権になって毎年増え続け、直近の2016年度2,411件は2012年度2,099件と比べ312件(14%)も増えています。
1年間で2,411件ということは365日で割ると6.6件です。
いま日本では1日に6人以上が過労等により脳・心臓疾患、精神障害の労災となっているわけです。(「editor」より)


e0111741_07370208.jpg

過労死・過労自殺(死亡件数)の推移を見ると直近の2016年度で459人。
365日で割ると1.25となりますから、2016年度も日本では毎日1人以上が過労死・過労自殺で命を奪われているのです。(「editor」より)


[PR]

# by inoken-kochi | 2017-07-26 19:01 | お知らせ  

「過労死110番」を実施しました。

2017年6月17日(土)、全国一斉の「過労死110番」が32都道府県で実施されました。

相談件数の総数は278件と発表。
高知では、1件の相談でした。

「過労死110番」全国ネット事務局は、「依然として、たいへん厳しい職場環境のもとで多くの人が苦しんでおり、病気になり、死亡に至る相談がたくさんありました。
また、労働基準法違反、ひどいパワハラなど、違法で不当な労務管理が続いています。
東京では弁護士、過労死に詳しい専門家など17人態勢で、午前10時から午後3時まで10本の電話で対応し、東京としては過去最高となる124件の相談を受けました。全国としては278件の相談を受けました。
本日の相談結果を踏まえて、職場の環境を改善する取り組みと、被害者の救済のための取り組みを、強化したいと思います。」と、コメントを発表し、詳細をHPで公表をしました。
e0111741_17030626.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-06-19 17:12 | 過労死110番  

「窃盗症」(クレプトマニア)相談会の案内です。

「KAこうち」(クレプトマニア・アノニマスこうち)は、「高知うろこの会」や高知県地域生活定着支援センターの支援を受けて、相談会が実施されます。
e0111741_07022370.jpg































※ クレプトマニア・アノニマスとは
「無名の窃盗癖者」という意味です。
窃盗癖とは、何らかのきっかけで窃盗を続けているうちに窃盗をしないと落ち着かなくなったりイライラしたり盗みたいという強い欲求に逆らえない状態になり、自分の意思の力ではどうにもやめることができない「病気」です。





[PR]

# by inoken-kochi | 2017-05-20 07:32 | お知らせ  

「過労死110番」を実施します。

働くもののいのちと健康を守る高知センターは、「過労死110番全国ネットワーク」の弁護士さんと共催で6月17日、「過労死110番」を実施します。
e0111741_07574506.jpg


[PR]

# by inoken-kochi | 2017-05-19 18:05 | お知らせ  

「はたらくもののいのちと健康を守る・中四国ブロックセミナー」のご案内

第9回になる「はたらくもののいのちと健康を守る・中四国ブロックセミナー」の日程などが決まりました。

e0111741_18273229.png



e0111741_1828638.png

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-03-22 18:31 | お知らせ  

厚生労働省が「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を策定

厚生労働省は2017年1月20日、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を策定し発表しました。

このガイドラインで厚生労働省は、使用者は「労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に管理する責務を有している」が、現状をみると「労働時間の把握に係る自己申告制の不適正な運用等に伴い、同法に違反する過重な長時間労働や割増賃金の未払いと いった問題が生じている」など、「使用者が労働時間を適切に管理していない状況もみられる」としています。

e0111741_72256.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-02-15 07:26 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No212号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No212号を発行しました。

e0111741_784859.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-02-14 07:09 | お知らせ  

「過労死等防止対策推進シンポジウム」が開催されました。

1月21日、「過労死等防止対策シンポジウム」が開催されました。
1月22日付の高知新聞に掲載されていましたのでご紹介します。

e0111741_1340533.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-01-24 13:41 | お知らせ  

電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意

「電通過労自殺・高橋まつりさんの母と電通が合意」について、2017年1月20日にお母さんの高橋幸美さんが記者会見。

「頑張りすぎないでどこかにSOSを出して欲しいし、逃げて欲しいと思います。どこか戻るところがあれば戻って欲しい」
「働いて苦しんでいる人には、周りが手を差し伸べて欲しいし、自分からも逃げて欲しい。病院に行く、お休みする。本当にお休みして欲しいと思います。」

合意に盛り込まれた18の再発防止策のうち、「実労働時間と異なる時間が就業時間として記録されないように」「(会社側が労働時間を少なく見せるために利用していた)私事による在館を原則認めないように」「ゲート通過時刻と残業申告時間との差がある場合には調査をする」「新卒社員には過剰な残業をさせない」などについては、幸美さん側から積極的に要望したと明かした。
また、再発防止策の実施状況について、電通は毎年12月1日、幸美さんに報告することも盛り込まれた。


e0111741_16383889.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-01-21 16:49 | お知らせ