カテゴリ:お知らせ( 38 )

 

「働き方変わる契機に」電通社員の母の手記(高知新聞)

「働き方変わる契機に」と、昨年12月に過労自殺した社員のお母さんが手記(高知新聞2016.12.25付)
この手記は多くのテレビや新聞で報道され、いくつかの新聞社は社説でも掲載しました。

「労働者の健康とワーク・ライフ・バランスの確保は、企業経営にとって収益の確保と同じぐらい重要であるという意識改革が必要」と、琉球新報と沖縄タイムズは社説の最後に結んでいます。

e0111741_729227.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-27 09:02 | お知らせ  

「くらしあったか村 何でも相談会」

毎年、年末に開催される「くらしあったか村 何でも相談会」。
今年も弁護士をはじめとした各種団体の実行委員会で、12月24日(土)に開催されます。

e0111741_7113336.png


e0111741_7121120.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-08 07:18 | お知らせ  

「くらしといのち何でも相談会」の開催

高知医療生活協同組合は、毎年「くらしといのち何でも相談会」を開催しています。
例年は11月~12月で開催をしていますが、今年度は多くの地域で年明けの1月~2月にかけて実施されます。
なお、土佐清水市地域については高知県労連との共催で、12月4日(日)に開催されます。

e0111741_13195025.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-02 13:20 | お知らせ  

いのちと健康高知センターは2016年度総会を開催します。

いの健高知センターは2016年度総会を開催します。
総会に先立ち、高知労働局労働基準部監督課長から、厚生労働省が発表した「過労死等防止対策白書」についての報告、高知での現状や取り組みについてお聞きします。
参加費は無料です。
参加をお待ちしています。

e0111741_78339.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-11-22 07:08 | お知らせ  

「悲劇の防止にどううなぐ」(高知新聞・社説より)

2016年10月7日に厚生労働省が公表した「過労死白書」について、高知新聞社は10月10日付の朝刊に社説「悲劇の防止にどうつなぐ」を掲載しました。

「後を絶たない悲劇を社会問題と捉え、公的な形で焦点を当てたことは一歩前進」と評価しつつも、「内容は長時間労働の是正が遅々として進まない現状を、改めてデータで確認したにすぎない」。
「問われているのは、新たな犠牲をださないための具体策だろう」と。

「働くもののいのちと健康を守る」運動を自覚的に進めている私たちは、多角的な展開をしていかなければなりません。


e0111741_11164720.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-10-12 11:18 | お知らせ  

「はたらくもののいのちと健康を守る・中四国ブロックセミナー」ニュース

2016年9月17日・18日に開催した「働くもののいのちと健康を守る中四国ブロックセミナー」のニュースをご覧ください。


e0111741_18144554.png



e0111741_18163574.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-10-05 18:17 | お知らせ  

たばこの煙から働く人を守る職場づくり

たばこを吸う方は「喫煙者」。
「私はたばこを吸わない」のに、「喫煙者」の方がそばにいて、たばこの煙を吸わされている方を「受動喫煙」といっています。

e0111741_18264135.jpg


国立がん研究センターは2016年8月31日「受動喫煙による日本人の肺がんリスク1.3倍」、「肺がんリスク評価『ほぼ確実』から『確実』へ」と発表

e0111741_115115.jpg


そして、「受動喫煙」は家庭と仕事場が主な「受動喫煙」の場となっています。

厚生労働省は「たばこの煙から働く人を守る、空気のきれいな体に優しい職場づくり」を呼びかけています。

e0111741_11401234.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-09-27 12:00 | お知らせ  

交通労働災害をゼロに!

9月21日から30日は秋の全国交通安全運動です。

「交通労働災害」は、労働者による死亡災害の約20%を占め、そのうち60%以上が「運輸交通業」以外で発生しています。
トラックやバス・タクシーの運転業務に従事するドライバーだけでなく、自動車などの運転業務に労働者を従事させるすべての事業者が安全への取り組みを行い、全国交通安全運動に合わせて「交通労働災害」についてもゼロをめざしましょう。(厚生労働省「交通労働災害を防止するために」参照)

e0111741_17303788.png


労働契約法の第5条、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」こととなっています。
この「必要な配慮」を怠たり、「労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働すること」ができなかった場合に「安全配慮義務違反」として使用者が問われる場合があります。

自動車などの運転業務に労働者を従事させるすべての事業者が、交通労働災害ゼロに向けて安全への取組を行いましょう。
[PR]

by inoken-kochi | 2016-09-06 18:19 | お知らせ  

タバコと健康

高知大学医学部付属病院が主催する「第11回市民公開講座」。
「どっちをとる!? タバコと健康」のご案内です。

e0111741_175752.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-08-29 17:58 | お知らせ  

忍び寄る健康格差

「週刊東洋経済」誌、2016年7月2日号です。

特集記事「忍び寄る健康格差」
「所得や雇用の違いが、健康の格差を生んでいる。見えづらい実態を明らかにしていく」と、興味深い記事です。

アップ後に下記の記事が読める状況ではないことがわかりました。
すみませんが、ご興味のある方は雑誌をご覧ください。

e0111741_1603680.jpg


e0111741_1611245.jpg


e0111741_1615298.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-08-26 16:07 | お知らせ