カテゴリ:お知らせ( 62 )

 

「くらしといのち何でも相談会」のご案内

高知医療生活協同組合が実施する「くらしといのち何でも相談会」のご案内です。

県内の24ヶ所で開催されます。

お悩みがある方は早い目の相談を。

e0111741_1850461.jpg


高知市内での開催会場です。

e0111741_18515391.jpg


高知市内から西部方面の開催会場です。

e0111741_1854973.jpg


高知市内から東部方面の開催会場です。

e0111741_1857347.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2017-01-13 19:04 | お知らせ  

「働き方変わる契機に」電通社員の母の手記(高知新聞)

「働き方変わる契機に」と、昨年12月に過労自殺した社員のお母さんが手記(高知新聞2016.12.25付)
この手記は多くのテレビや新聞で報道され、いくつかの新聞社は社説でも掲載しました。

「労働者の健康とワーク・ライフ・バランスの確保は、企業経営にとって収益の確保と同じぐらい重要であるという意識改革が必要」と、琉球新報と沖縄タイムズは社説の最後に結んでいます。

e0111741_729227.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-27 09:02 | お知らせ  

管理職はみんな管理監督者?

「管理職だから残業手当は必要ない」…よく言われることですが。

東京労働局は、この問題で「会社内で管理職としての地位にある社員でも、労働基準法上の「管理監督者」に当てはまらないことがあります。『管理監督者』については、肩書きや職位ではなく、その社員の立場や権限を踏まえて実態から判断する必要があります。広くとらえられがちな『管理監督者』の範囲をわかりやすく解説します」と、東京労働局はリーフレットを作成していましたのでご紹介します。

同時に、「管理職であれば、何時間働いても構わないとの誤解もありますが、『管理監督者』であっ ても健康を害するような長時間労働をさせてはなりません」、とも記載をしています。


e0111741_732894.jpg

 
[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-19 08:49 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No210号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No210号を発行しました。


e0111741_821476.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-09 09:58 | お知らせ  

「くらしあったか村 何でも相談会」

毎年、年末に開催される「くらしあったか村 何でも相談会」。
今年も弁護士をはじめとした各種団体の実行委員会で、12月24日(土)に開催されます。

e0111741_7113336.png


e0111741_7121120.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-08 07:18 | お知らせ  

「くらしといのち何でも相談会」の開催

高知医療生活協同組合は、毎年「くらしといのち何でも相談会」を開催しています。
例年は11月~12月で開催をしていますが、今年度は多くの地域で年明けの1月~2月にかけて実施されます。
なお、土佐清水市地域については高知県労連との共催で、12月4日(日)に開催されます。

e0111741_13195025.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-12-02 13:20 | お知らせ  

いのちと健康高知センターは2016年度総会を開催します。

いの健高知センターは2016年度総会を開催します。
総会に先立ち、高知労働局労働基準部監督課長から、厚生労働省が発表した「過労死等防止対策白書」についての報告、高知での現状や取り組みについてお聞きします。
参加費は無料です。
参加をお待ちしています。

e0111741_78339.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-11-22 07:08 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No209号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No209号を発行しました。

e0111741_7202562.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-11-19 07:23 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No208号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No208号を発行しました。

e0111741_7312659.png


[PR]

by inoken-kochi | 2016-10-13 07:26 | お知らせ  

「悲劇の防止にどううなぐ」(高知新聞・社説より)

2016年10月7日に厚生労働省が公表した「過労死白書」について、高知新聞社は10月10日付の朝刊に社説「悲劇の防止にどうつなぐ」を掲載しました。

「後を絶たない悲劇を社会問題と捉え、公的な形で焦点を当てたことは一歩前進」と評価しつつも、「内容は長時間労働の是正が遅々として進まない現状を、改めてデータで確認したにすぎない」。
「問われているのは、新たな犠牲をださないための具体策だろう」と。

「働くもののいのちと健康を守る」運動を自覚的に進めている私たちは、多角的な展開をしていかなければなりません。


e0111741_11164720.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-10-12 11:18 | お知らせ