カテゴリ:お知らせ( 62 )

 

厚生労働省は6月24日、2015年度の「過労死等の労災補償状況」を公表しました。

厚生労働省は6月24日、2015年度の「過労死等の労災補償状況」を公表しました。

厚生労働省の多い資料ですが、「NPO法人働き方ASU-NET」でコンパクトにまとめられていました。

2014年6月、過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が成立し、2014年11月施行。
2015年度の労災請求件数は、過労死(過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患)が795 件で前年度比32 件の増(うち死亡事案は283件で41件の増)。
過労自殺(仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害)は1,515 件で前年度比59 件の増(うち死亡事案は199件で14件の減)。

e0111741_18331747.png


過労死(過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患)の労災請求件数で最も多いのは道路貨物運送業となっています。

e0111741_18335777.png


過労自殺(仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害)の労災請求件数が最も多いのは「社会福祉・介護事業」となっています。

e0111741_18343512.png


なお、公表された資料は、厚生労働省において労災請求件数や、「業務上疾病」と認定し労災保険給付を決定した支給決定件数です。
認定申請をしていない方、認定申請をしたが認定されなかった方も当然ながらおいでることは想像ができるところです。
[PR]

by inoken-kochi | 2016-07-14 07:33 | お知らせ  

パワーハラスメント対策導入マニュアル(第2版)

厚生労働省は、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組を推進するため、「パワーハラスメント対策導入マニュアル」(第2版)を作成し、公表しました。

詳細は、ポータルサイト「あかるい職場応援団」にて。
「パワーハラスメント対策導入マニュアル」(第2版)はもとより、参考資料やパンフレット、ポスターなどもダウンロードできます。


e0111741_7562417.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-07-11 08:39 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No205号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No205号を発行しました。

e0111741_728778.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-07-09 07:29 | お知らせ  

「過労死110番」を実施します

働くもののいのちと健康を守る高知センターは、「過労死110番全国ネットワーク」の弁護士さんと共催で6月18日、「過労死110番」を実施します。

e0111741_14295368.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-06-08 14:34 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No204号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No204号を発行しました。

e0111741_7192949.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-06-06 07:25 | お知らせ  

「はたらくもののいのちと健康を守る・中四国ブロックセミナー」のご案内

はたらくもののいのちと健康を守る高知県センターは、中四国地域の「いの健センター」と9月17日~18日に共同でブロックセミナーを開催します。

e0111741_18193985.jpg


e0111741_18195766.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-06-01 18:25 | お知らせ  

過労死110番プレシンポジウム「睡眠と過労死・過労自殺」のご案内

過労死110番プレシンポジウム「睡眠と過労死・過労自殺」のご案内。

大阪過労死問題連絡会」の主催で、場所は大阪での話です。
「この日にちょうど大阪にいる」とかで、興味のある方へ。

参加費無料。どなたでも事前予約不要で参加できるとのことです。

e0111741_7411386.png

[PR]

by inoken-kochi | 2016-05-28 07:50 | お知らせ  

書籍紹介

兵庫県神戸市に、「兵庫県立リハビリテーション中央病院」があり、「小児睡眠・発達障害」という診療科目(子どもの睡眠と発達医療センター)があります。
この診療科は「子どもの脳の発育・発達に影響を及ぼし、意欲・学力低下を招く乳・幼児期の睡眠障害。ご本人・ご家族・そして専門のスタッフで連携して問題の解決に取り組み、ひいてはその予防」を目的としています。
この「子どもの睡眠と発達医療センター」の元センター長の三池輝久先生著書による「子どもの夜ふかし脳への脅威」をご紹介します。

e0111741_753491.jpg


「たかが睡眠?」。でも、眠りを削る子どもたちの生活習慣は、将来の様々な病気につながる状態(うつなどの精神疾患、糖尿病などの内分泌。代謝疾患、悪性腫瘍など)のおおもととして注目され、社会全体の課題として認知されなければならない問題と言われ始めています。
30年にもおよぶ約4,000名の臨床経験、1万人を対象に実施した睡眠実態調査では、子どもの睡眠の状態が発達障害や発達障害や不登校・ひきこもりと深く関係していることも明らかになっています。(「子どもの夜ふかし脳への脅威」、「はじめに」の部分より)
[PR]

by inoken-kochi | 2016-05-10 07:26 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信No203号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No203号を発行しました。

e0111741_1734479.jpg

[PR]

by inoken-kochi | 2016-05-07 17:38 | お知らせ  

書籍紹介

e0111741_223365.jpg


働く人びとのいのちと健康を守る北海道センターは、2015年1月に「「なくせ!長時間労働 過酷なノルマ」(いの健ブックレットNO5)を発行しています。


2015年8月29日に行われた「働く人びとのいのちと健康をまもる北海道センター」の総会に先立ち行われた、いの健北海道センターが関わった「過労死事案」について、担当した四人の弁護士によるそれぞれの事案を検証した「リレートーク」をまとめたブックレット(1部300円)です。
[PR]

by inoken-kochi | 2016-04-28 07:17 | お知らせ