いのちと健康を守る中四国ブロックセミナーのご案内

働くものの健康や、職場の労働安全衛生活動などをテーマにした研修会「働くもののいのちと健康を守る中四国ブロックセミナー」が愛媛県松山市で開催されます。

長時間・過密労働による過労
交替制勤務による身体への影響
メンタルヘルス、じん肺・アスベストなど

どなたでも参加できます

とき 6月9日(土)午後1時~10日(日)正午まで

ところ 愛媛県松山市・愛媛大学

主催 同実行委員会
e0111741_12553941.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2012-05-30 12:57 | お知らせ  

いのちと健康全国センターが、「いのちと健康をめぐる裁判学習交流集会」を開催

働くもののいのちと健康を守る全国センター は、いのちと健康を守る裁判・認定闘争での勝利を、過労死認定基準の改善や過労死・過労自死を生まない職場、社会の実現へと結び付けていく視点で、~交流・学習・高めあい~「いのちと健康をめぐる裁判学習交流集会」 を、2月11日から大阪で開催します。

詳細は、↓ をクリック。

e0111741_1314917.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2012-01-26 13:14 | お知らせ  

いの健全国センターが、全国センター通信(No151)を発行

いのちと健康を守る全国センター が、全国センター通信No151号 を発行しました。

e0111741_16141147.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2012-01-25 16:22 | ご報告  

障がい者である小池さんの死は過労死

e0111741_1740095.jpg


株式会社マツヤデンキに勤めていた心臓機能に障害がある労働者が2000年(平成12年)12月24日に死亡した事件について、最高裁判所(第一小法廷、宮川光治裁判長)は、2011年7月21日、国の上告受理申立を受理しない決定をしました。
これによって、小池さんの名古屋高等裁判所の勝訴判決が確定しました。

この判決について、業務の起因性を認めるために必要とされる相当因果関係の判断に際して、

①「憲法27条1項が『すべて国民は勤労の権利を有し、義務を負う。』と定め、国が身体障害者雇用促進法等により身体障害者の就労を積極的に援助し、企業もその協力を求められている時代にあっては、平均的労働者を基準とするのは誤りである」として、

②「少なくとも、身体障害者であることを前提として業務に従事させた場合に、その障害とされている基礎疾患が悪化して災害が発生した場合には、その業務起因性の判断基準は、当該労働者が基準となるというべきである」と判示し、明確に本人基準説に立っている。

憲法27条1項の勤労の権利を踏まえ、労働安全衛生法、障害者雇用促進法の趣旨を貫徹したもので、極めて高く評価できる。

と、この判決の意義が注目されています。

詳細は、弁護士法人「名古屋南部法律事務所」を。
[PR]

# by inoken-kochi | 2011-12-28 17:55 | 判例紹介  

日本学術会議が「働く人の健康で安寧な生活を確保するために」を提言

2011年12月9日に開かれた 働くもののいのちと健康を守る全国センター の第14回総会で、日本学術会議 が発表した 提言「労働・雇用と安全衛生に関わるシステムの再構築を -働く人の健康で安寧な生活を確保するために-」 についての記念講演が行われました。

講演を行ったのは、この提案をまとめた日本学術会議 の中のひとつの委員会「労働雇用環境と働く人の生活・健康・安全委員会」の委員長で、北海道大学環境健康科学研究教育センター 長の岸玲子特任教授。

今日の「労働・雇用と安全衛生」にかかわってまとめあげ、問題点をあきらかにしており、貴重な話をうかがいました。
また、今後の方向性についての提言とともに、討論も行うことができました。

e0111741_1633291.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2011-12-18 16:31 | ご報告  

いのちと健康を守る運動をおおいに広げよう。

働くもののいのちと健康を守る全国センターは、2011年12月9日(金)に平和と労働センターで「第14回総会」を開催しました。

e0111741_1234494.jpg


総会では、「すべての働く人にディーセントワークの獲得を」、「政策・制度要求の実現」、「すべての都道府県でいのちと健康を守る砦の地方センター確立」、「働くもののいのちと健康を守る事業の新たな地平を切り拓こう」と話し合われました。

詳細は、働くもののいのちと健康を守る全国センターでご覧なれます。
[PR]

# by inoken-kochi | 2011-12-12 17:52 | ご報告  

過労死110番を実施します

受付日:6月16日土曜日

受付時間:午前10時~午後3時

受付電話番号:
088-849-0020
088-849-0021


過労による健康被害
過労死
過労自殺
全般についての相談を受け付けます。

弁護士
医療関係者
労働組合関係者
が対応いたします
[PR]

# by inoken-kochi | 2007-06-07 16:23 | 過労死110番  

労働相談ホットライン

残業代が出ない!
雇い止めされた!
契約内容と違う!

職場の悩み事は迷わずご相談下さい

労働相談ホットライン

フリーダイヤル
0120-378-060

秘密厳守
相談無料
携帯からもOK
[PR]

# by inoken-kochi | 2007-01-19 14:50 | 労働相談  

アスベスト110番

建交労・高知県農林支部
アスベスト110番をご紹介します

アスベストはありとあらゆるところに使われています。

*建築・解体、造船など、アスベストをよく使う職場で働いたことのある人

*肺がん・中皮腫など、肺を悪くしてなくなった方の遺族

*せきやたんが一ヶ月以上続いている人、息切れがするようになった人、肺の調子が悪い人

*その他、アスベストに疑問のある人

お気軽にお電話を

088-833-2586

相談無料
[PR]

# by inoken-kochi | 2007-01-18 11:19 | アスベスト  

いのちと健康高知センターのブログへようこそ

いのちと健康高知センターは、働くもののいのちと健康、安全と権利を守る活動を通じて、人間が尊重され、安心して働ける職場・社会を作ることをめざして、2006年10月に設立した団体です。

正式名称は「働くもののいのちと健康を守る高知県センター」といいます。

センターには、労働組合関係者、病院関係者、弁護士など、日常的にいのちと健康を守る活動をしている人たちが参加しています。

アスベスト、メンタルヘルス、過労死など、働くものの健康が脅かされ、悲しい出来事が後を絶ちません。

私たちは、そんな社会を変えるために、力を注ぎたいと思います。

このブログを通じて、皆さんと一緒に、働くもののいのちと健康について情報交換したいと思います。
[PR]

# by inoken-kochi | 2007-01-11 13:47 | ご挨拶