「働くもののいのちと健康を守る中四国ブロックセミナー」 ニュース

第10回「働くもののいのちと健康を守る中四国ブロックセミナーin香川」のご案内

e0111741_07332612.jpg
e0111741_07344755.jpg

e0111741_07334770.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2018-05-02 07:37 | お知らせ  

「暮らしとこころの相談会」ご案内

日本弁護士連合会が相談会を開催します。

e0111741_17200415.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2018-03-06 17:22 | お知らせ  

「いの健高知センター」2017年度総会と講演会を開催

「働くもののいのちと健康を守る高知県センター」は2月27日(火)、2017年度総会にあわせて「労働安全衛生委員会の活動」について学習講演を行います。
講演会は参加費は無料、どなたでもも参加できます。
e0111741_07402755.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2018-02-23 07:12 | お知らせ  

講演会「元気に働き続けるために」のご案内


仁淀病院職員労働組合(吾川郡いの町)は、2月17日(土)「元気に働き続けるために」をテーマに、「ストレスと上手に付き合おう」(仮題)の講演会を開催します。
e0111741_07401257.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2018-01-15 07:45 | お知らせ  

「蛇紋岩」を扱う造園業者が、肺がんに罹患し労災認定


「蛇紋岩」を取り扱う造園業者が、肺がんに罹患し労災認定となった。
「蛇紋岩」にはアスベスト(石綿)が含有されていて、「蛇紋岩」を削ったり切断したりする作業を行っていたということです。
「蛇紋岩」にアスベスト(石綿)が含有されていることは一般的に知らず、この造園業者もマスクなどの安全対策をせずに作業にあたっていたとのことです。


e0111741_07421263.jpg

e0111741_18291742.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2018-01-13 08:00 | アスベスト  

「教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を求める全教の提言」を発表

全日本教職員組合(全教)は、2017年11月20日に「教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を求める全教の提言」を発表しました。
「教職員の長時間過密労働の抜本的な解決の方向及び、文科省に対する基本要求を示し、国民的な議論を呼びかけるものです。長時間過密労働の実態、問題の背景・原因とともに、教職員の声を広く社会にアピールしていきます」と、記者発表しました。
e0111741_16491714.jpg


[PR]

# by inoken-kochi | 2017-12-28 16:55 | 資料集  

過労死等防止対策白書(平成29年度版)

厚生労働省は2017年10月6日、過労死等防止対策推進法(議員立法により平成26年成立・施行)に基づき「過労死等防止対策白書(平成29年度版)」を発表しました。
  骨子:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000179619.pdf
  概要:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000179618.pdf
  本文:http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/17/dl/17-1.pdf

e0111741_18480701.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-12-26 19:07 | 資料集  

「看護・介護労働黒書」が発表されました。

日本医療労働組合連合会(日本医労連)は2017年3月、医療・介護現場で働く労働者の実態を調査、「看護・介護労働黒書」を発表しました。

e0111741_10282236.jpg

 

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-12-11 19:06 | 資料集  

いの健全国センターが、全国センター通信No222号を発行

はたらくもののいのちと健康を守る全国センターが、全国センター通信No222号を発行しました。
e0111741_11093664.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-12-09 11:10 | 全国センター通信  

宇都宮健児弁護士講演会

創立10周年を迎える「高知うろこの会」
記念事業として、宇都宮健児弁護士の講演会が行われます。

2006年に改正された貸金業法(借り過ぎ・貸し過ぎの防止、上限金利の引き下げ、貸金業者への帰省の強化)。
その後、この改正貸金業法の対象外の銀行が無担保で融資する「カードローン」が利便性の高さを背景に過剰な融資が行われ、融資残高5兆円に膨らみ、多重債務者が増加し「銀行がサラ金化している」との声も。

根底には、貧困と格差がすすんでいる日本社会。
貧困をなくすためのセーフティーネットの強化や社会保障の充実がが国や自治体に求められると宇都宮弁護士。

この講演会は、高知県自殺対策強化事業の補助を受けて開催されます。
e0111741_07020307.jpg

[PR]

# by inoken-kochi | 2017-11-20 08:00 | お知らせ